この本をお読み遊ばせ!

わたくしが女性の視点からおすすめする本を紹介して参りますわ。 どうぞお読み遊ばせ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マロリオン物語

やっと出揃いましたわ。
ベルガリアード物語の続編、マロリオン物語。

ベルガリアード物語で残された謎について、解き明かされていきますわ。
登場人物の新たな魅力についても存分に描かれていますわ。
特に一巻では主人公ガリオンの強引さ、それに妻の出産時の役に立たなさが笑えましてよ。

それにラストは感動物ですのよ。
あと少し、あと少しだけ先が読みたいというところで終わりますわ。

ベルガリアード物語を読んだ後は、ぜひお読み遊ばせ!

西方の大君主―マロリオン物語〈1〉西方の大君主―マロリオン物語〈1〉

ヴィッド エディングス (著), David Eddings (原著), 宇佐川 晶子 (翻訳)
早川書房
定価:¥1,050
2006/01

Amazonで詳しく見る


このシリーズは、以下のようになっていますわ。

1.西方の大君主―マロリオン物語〈1〉(定価:¥1,050、2006/01)

2.砂漠の狂王―マロリオン物語〈2〉(定価:¥1,050、2006/02)

3.異形の道化師―マロリオン物語〈3〉(定価:¥1,029、2006/03)

4.闇に選ばれし魔女―マロリオン物語〈4〉(定価:¥1,050、2006/04)

5.宿命の子ら―マロリオン物語〈5〉(定価:¥1,050、2006/05)

トラックバック

http://himebook.blog63.fc2.com/tb.php/16-7a523071
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。